/

変わるスポーツ中継 「地上波からネットへ」まとめ読み

テレビ地上波が主舞台だったスポーツ中継が、大きく変わろうとしています。サッカー・ワールドカップ(W杯)やボクシング注目の一戦が相次いで動画配信サービスによって中継され、スポーツを有料で見るのが当たり前になりつつあります。収入と引き換えにファンが減る懸念はないのか。配信業者や主催者、競技団体などの思惑、戦略に迫りました。

㊤スポーツにも配信の波 問われる収益と普及のバランス
有料配信は潤沢なマネーをスポーツ界にもたらす一方、競技の普及にはマイナスとなる。英国では五輪やサッカー主要大会で無料放送を義務付ける「ユニバーサルアクセス」を動画配信サービスにも広げる議論が始まっている。
㊥ボクシング・格闘技、PPV上陸 定着へ長い道のり
番組を見るごとに数千円を課金するペイ・パー・ビュー(PPV)がボクシングや格闘技で増えている。先例は米国で、数億円のファイトマネーを生み出す源泉となってきた。ただ、無料でテレビを見ることに慣れ親しんできた日本で定着するにはハードルが待ち受ける。
㊦自前の配信に活路 アプリでドライバーの魅力発信
「放送から配信」の流れをつくっているのは配信事業者だけではない。高額の放映権料が見込めないスポーツ団体や主催者も、配信に活路を見いだそうとしている。東京五輪が終わり、運営の自立が課題となる中、自前の配信はビッグデータの活用という点でも可能性がある。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン