/

日本勢は小斉平ら2アンダー SMBCシンガポールOP

SMBCシンガポールオープン(20日・セントーサGCセラポン=7403ヤード、パー71)

日本とアジアツアー共同開催。雷接近のため中断、残した競技はそのまま順延となった。18ホールを終えた中では、世界ランク27位のポール・ケーシー(英国)が76の5オーバーと大きく出遅れた。オク・テフン(韓国)ら2人が66でトップに立ち、タイの14歳のアマチュア、ラチャノン・チャンタナヌワットが68の暫定6位グループにつけた。

20人が出場した日本勢では、昨季初シードを獲得した小斉平優和、竹安俊也、小林正則の69、2アンダーが最高。浅地洋佑は78をたたき、プレー途中では大西魁斗が2アンダーとしている。今大会の成績上位4人に7月の全英オープン出場権が与えられる。(賞金総額125万ドル、優勝賞金22万5000ドル、出場130選手=うちアマ9人)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン