/

この記事は会員限定です

元F1レーサー 中嶋悟(9)希望と不安

夢を追って会社立ち上げ F1への思い胸に勝利重ねる

[有料会員限定]

生沢徹さんに合流することは、それまで世話になったヒーローズ・レーシングの田中弘さんや松浦賢さんにさよならをすること。といっても簡単に欧州には行けず、活動の軸足は日本に置いたままだったから、「恩知らず」と業界内でたたかれた。

1979年から生沢さんと活動し、4年目にやっと欧州のF2をスポットで5レース走れた。表彰台に2位で一度上がったが、僕が望むフル参戦には程遠い状況だった。

それでも81年途中か...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1144文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

中嶋悟

中嶋悟さんは日本人で初めてF1フル参戦ドライバーとなったカーレーサーです。少年時代に車に魅入られ、厳しいプロの世界に身を投じるやたちまち頭角を現した中嶋さん。ライバルたちと熱い戦いを繰り広げながら、いかにして「日本一、強い男」として君臨するに至ったか。レースファンにはたまらない手に汗握る物語が展開します。本田宗一郎さんやアイルトン・セナさんらとの交流秘話も読みどころです。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン