/

ラグビー日本、自信と課題 奇策奏功も強豪に勝ちきれず

首脳陣はこの一戦に懸けていたのだろう。ラグビー日本代表の欧州遠征を締めくくる20日のスコットランド戦で、サプライズを用意していた。策は当たり、世界ランキング7位の相手に20-29と善戦。しかし、2019年ワールドカップ(W杯)以来となる、強豪国からの勝利をもぎ取るには至らなかった。

開始20秒、日本が中盤左のラックから攻め始めた。すぐに目を引いたのがいつもと違う布陣。16年のジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC)の就任後、恐らく初めてとなる形を採用していた。

日本はほとんどの国と同様、FW8人を4つのグループに分け、フィールド上の持ち場を定めて運用する。大外で密集をつくった後、その内側で最初にボールをもらうグループ。この人数を従来の3から4に増員していた。

4人の配置にも工夫があった。内側の3人が前に立ち、外の1人が後方から走り込む。さらに後ろには司令塔のSO松田力也(埼玉)が構え、その斜め外に別のFW2人組が待つ。狭い横幅の中で4段階の高低差をつけて攻撃ラインを敷き、細かいパスをつなぐ。想定外の形に相手が面食らった部分もあり、新戦術は機能した。

ラグビーの構造上、大外から球をもらう4人組の位置は、タックルで押し戻されやすい「鬼門」に当たる。しかし、新布陣の中で前後左右に小さくボールを動かして守備の的を外し、前に出られる場面は多かった。ダブルタックルを受けた場合でも、味方同士の距離が近いためにボールを奪われることはなかった。

代償もあった。中央を増員する分、本来は外側にいるはずの1人を削っている。連続攻撃の中で柔軟に布陣を変える、日本得意の形も難しくなった。結果的に外への展開力は減じたが、新陣形にはそれを補うメリットがあった。

「ボールを保持して相手に重圧を掛けたかった」とジョセフHC。怖いランナーがそろう相手に攻撃権を渡したくなかったと語る。データを駆使する戦術家、トニー・ブラウン・コーチがそのために温めてきたのがこの奇策だったのだろう。そして、その狙いの成否がスコアに表れたようにもみえる。

最終的に日本のボール保持率は49%だった。大敗した6日のアイルランド戦の36%からは大きく改善、守備時の反則は減った。ペナルティーの数が1桁に収まったのはW杯以来となる。攻める時間が延び、守備ラインを破った数でも相手を上回った。3-5の前半12分には、新布陣で自陣から連続攻撃。密集で反則を誘い、ペナルティーゴールで一時逆転に成功している。

攻撃を差配した松田はこうも話す。「日本の攻撃を相手は嫌がっていた。大きいFWは、プレーが切れる度に膝に手を突いて休んでいた」。速い試合展開に持ち込んだことで、終盤に相手のガス欠を誘うこともできた。

一方でボール保持率はチームの目標、60%には届かなかった。過去数試合と同様、接点で負けていないのにボールを落とす場面が多かった。このあたりは新型コロナウイルス禍のブランクの影響がまだ抜けていないのだろうか。

日本とほぼ同じ数の攻撃機会を、スコットランドは効率的に得点に変えてきた。日本の失トライ4本のうち2本はラインアウトからのモールを起点に力勝負で奪われたもの。弱点への抵抗力をW杯のときのように高めないと、強豪に勝ちきることは難しい。

勝てるチャンスはあったし、勝つべき試合だった。ただ、コロナ禍のブランクを考えると、好調のスコットランドにアウェーで9点差はそう悪い結果ではない。攻撃の新戦術以外に、今遠征の3試合で最良のプレーができた局面も多かった。

「ディフェンスはとても満足している」とHC。中盤の守備は前への速度、隣との連係などが良かった。特にCTB中村亮土(東京SG)は出色のプレーで2度のボール奪取に貢献している。ここ数試合、苦しんできたラインアウトでもジャンパーのリーチ・マイケル(BL東京)を中心に全てのボールを確保できた。

「勝ち切れなかったところは見つめ直していかなくてはいけない」。中村副将は悔やみつつ、こうも話す。「一戦ずつ、課題と向き合ってチームとして成長できたことはすごく良かった」。敵地でも伝統国に勝てるチームになるにはまだ足りなかった。ただ、これからも戦い続けるために必要な自信や、乗り越えるべき課題は見つかったようだ。

(谷口誠)

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン