/

サッカーU24日本代表 OAに吉田・酒井宏・遠藤航

(更新)
(左から)吉田麻也、酒井宏樹、遠藤航=いずれもゲッティ共同

日本サッカー協会は20日、6月に国際親善試合に臨む東京五輪世代のU-24(24歳以下)日本代表メンバー27人を発表した。大会で3人まで認められる25歳以上のオーバーエージ(OA)選手として吉田麻也(サンプドリア)、酒井宏樹(マルセイユ)、遠藤航(シュツットガルト)を選出。3選手が東京五輪でもメンバー入りする。6月5日にU-24ガーナ代表と、12日にジャマイカ代表と対戦する。

2試合は五輪出場メンバー18人へ絞り込む最終選考の場となり、2カ月後に迫る本番を想定したチームづくりはOAも加えてヤマ場を迎える。

吉田は2008年北京五輪、12年ロンドン五輪に出場。国際Aマッチ106試合出場のベテランCBとして日本代表を支えてきた。酒井は12年ロンドン五輪で吉田とともに4強入りに貢献。海外勢に見劣りしない身体能力と実績を備えるSBとして評価が高い。遠藤は16年リオデジャネイロ五輪に主将として出場。対人の守備力が高く、ドイツ1部でボランチとして主力の座をつかんでいる。いずれも現フル代表の主軸であり、守備力の安定をU-24代表にもたらしそうだ。

メンバー発表で記者会見する森保一監督=JFA提供

フル代表の監督も兼ねる森保一監督はOAの人選について「絶対的な戦力として貢献でき、経験の浅い選手たちの成長も促してくれる3人」と説明。いずれも守備的なポジションをこなす3人となったが、「(3人とも)GKから攻撃をしかけるとき、それを担えて、攻守両面でプレーできる」と述べた。

フル代表の活動と重なるため、森保監督に代わって6月の2試合の指揮を執る横内昭展監督は「アフリカ勢とぜひやりたいとリクエストしてきた。彼らは想定外のプレーをしてくる。それを本番前に(経験)できることはプラス」と語り、五輪1次リーグA組の初戦となる南アフリカ戦(7月22日、東京スタジアム)に向けたシミュレーションになることを期待した。

Tokyo Olympic and Paralympic 特設サイトはこちら

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン