/

この記事は会員限定です

大矢が車いす100㍍アジア新 「伸びしろしかない」

[有料会員限定]

東京パラリンピックの内定を得るには、4月1日までの2年間の記録が対象の世界ランキングで6位以内に入ることが求められる。持ちタイム更新の締め切りが刻一刻と迫るなか、男子100㍍(車いすT52)は明と暗がくっきりと分かれるレースとなった。

「非常に悔しい。自分のやってきたことは何だったのか」と肩を落としたのはランキング7位につける伊藤竜也(新日本工業)。自己ベストの更新ならず2位に終わり、1つでもいい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り407文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン