/

大坂、全豪テニス2年ぶりV 四大大会通算4勝

(更新)
全豪オープンで2度目の優勝を決めて喜ぶ大坂なおみ(メルボルン)=AP

テニスの四大大会第1戦、全豪オープンは20日、メルボルンで女子シングルス決勝を行い、第3シードの大坂なおみ(23、日清食品)は6-4、6-3で第22シードのジェニファー・ブレイディ(25、米国)に勝ち、2年ぶり2度目の優勝を飾り、優勝賞金275万豪㌦(約2億2800万円)を獲得した。

ボールを打ち返す大坂なおみ(メルボルン)=AP

大坂は1回戦から7試合を勝ち、4大会にまたがる連勝を21試合に伸ばした。大坂の四大大会制覇は2018年全米オープン、19年全豪オープン、20年全米オープンに続き4度目。大坂は四大大会決勝では負けなしの4連勝。

優勝し笑顔の大坂なおみ(メルボルン)=AP

世界ランキング3位の大坂と同24位のブレイディ。これまでの対戦成績は大坂の2勝1敗だった。20年全米オープン準決勝で顔を合わせ、フルセットの接戦となった相手に対し、大坂は序盤は少し硬かった。

 女子シングルスを制し、対戦相手のジェニファー・ブレイディ(手前)と抱き合う大坂なおみ(メルボルン)=共同

第1セット第4ゲームで先にサービスブレークしたものの、すぐにブレークバックを許す。ファーストサーブの確率が上がらず、ストロークもいつもより安定しない。ただ、崩れそうで崩れず、プレッシャーのかかったブレイディのミスで第1セットを先取した。第2セットは大坂ペース。2つのサービスブレークで4-0とリードし、危なげなく勝ちきった。

トロフィーを手に、観客席を見つめる大坂なおみ(メルボルン)=AP

「すごく緊張していた。落ち着くことが大切だった。全てのボールで戦うことを心がけた」と、試合後のインタビューで語った大坂。次の目標として、「コンスタントに結果を出すこと。(東京)五輪もあるし、全仏、ウィンブルドンでも結果を出したい」。最後に日本のファンに日本語で、「きょうは頑張りました。ありがとうございました。勝ったよ!」と、はにかみながら感謝の意を伝えた。

スポットライトを浴びる大坂なおみ(メルボルン)=AP

今大会はメルボルンで新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生したことによる外出制限で無観客の期間もあったが、18日から再び観客を入れて実施された。大坂は試合後のスピーチで「会場のみなさんに感謝したい。(20年の)全米オープンは無観客だったので本当に力になった。四大大会で今戦えることは非常に大きなこと。来年も戻ってきたい」と話した。

トロフィーを手に観客席を見上げた(メルボルン)=AP

ブレイディは今大会、世界ランク50位以内の選手との対戦は準決勝まで2度しかなく、初めての四大大会決勝だった。大坂は今大会、準々決勝以外は世界ランク50位以内のタフな相手を退けて、勝ち上がった。唯一のフルセットを戦った4回戦のガルビネ・ムグルサ(スペイン)戦はマッチポイントをしのいで競り勝った。準々決勝は技巧派の謝淑薇(台湾)を寄せ付けず、準決勝ではセリーナ・ウィリアムズ(米国)にストレート勝ちした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン