/

少し早いですが…2021年競馬界、ここまでを振り返って

5年ぶりに誕生した女性騎手の一人、古川奈穂騎手は3月に初勝利をあげた(現在はリハビリのため休業中)=JRA提供

男もすなる日記というものをアナウンサーもしてみむとてするなり。8月も残りわずか。暑かった夏も終わりが近づいたところで、2021年の競馬界のここまでを振り返って書いてみたいと思います。

〈1月22日(金)小倉のホテルにて〉

午後8時すぎにJR小倉駅に到着したが、緊急事態宣言発令中のため、既にほとんどの飲食店が閉まっていた。例によってコンビニで弁当を買ってホテルの部屋で食べながら、テレビで1月31日投開票の北九州市議会選挙についてのニュースを見た。

北九州市は、全国の政令指定都市の中でも深刻な人口減や高齢化に加え、「鉄冷え」の後遺症、インフラの老朽化など長年の課題が山積し、それをどうするかが争点になるということだった。特に人口減少は深刻だと伝えていたが、北海道・函館に似ていると思った。かつては漁業や造船、観光で栄えた函館市も人口減少が深刻だ。人が減ると当然、街のあかりもなくなるので、自慢の函館山からの夜景も寂しくなると聞いた。こうした地方都市に競馬開催で少しでもお金を落とせたらと思うが、今回の小倉開催は無観客競馬である。残念だ。

女性騎手に注目、珍しい存在だから

3月14日(日)中山競馬場にて

中京競馬場で新人・永島まなみ騎手(18)が初勝利を挙げた。前日、阪神では古川奈穂騎手(20)が勝っており、藤田菜七子騎手以来、5年ぶりに誕生した女性騎手は2人とも勝ち星をあげたことになる。

毎週、女性騎手が注目を集めるのは、女性騎手がまだまだ珍しいからだ。中央競馬には女性調教師が一人もいないように、競馬界は紛れもなく男社会だ。女性騎手がもっと多くてもいいはずで、それこそ実力さえ伴えば、女性騎手が騎手の半分を占めてもいいのだと思う。ファンにとってはどうか。狙った馬に男性が乗ろうが女性が乗ろうが関係ない。プロとして勝てる騎手、当てにできる騎手であればいいという人も多いはず。性別の問題ではないと思う。

大きすぎた「うっかり」の代償

5月23日(日)新潟競馬場にて

新潟競馬第7レースで、またやってしまった。3連複の中心として狙った馬が勝ち、的中したと思い喜んでポケットから馬券を取り出して、愕然(がくぜん)とした。2着に入った1番がない。確か、鮫島克駿騎手(24)が乗る馬を相手として投票カードに1をマークしたはず。しかし、1番はないが2番がある……。ああわかった。隣の2番の馬の騎手は鮫島良太騎手(34)だったので、いざマークするときに出馬表をパッと見て「鮫島」だからと2をマークしたのだ。

「うっかり」、そして「早とちり」。先月、還暦を迎えたというのに子供の頃からのうっかりミスはどうにも治らない。そして払戻金を見てさらにびっくり。3連複は6万6480円の高配当だった。ああああああ!

若い女性アナと2人きり、どんな話を

6月19日(土)東京競馬場のパドック放送席にて

東京競馬場のパドック中継用ブース

午前のレースのパドック中継の進行をすべく放送席にいると解説者が入ってきた。開口一番、「藤原(菜々花)アナウンサーは、お休みですか」と言ってきた。そりゃそうだろうなぁ、と思った。

藤原アナは入社2年目の女性アナウンサーである。最近パドック中継の担当を始め、この男性解説者とは毎週のようにコンビを組んでいた。「今日はメインの司会進行の勉強のために正面の放送席にいます」と答えたが、解説者は明らかに残念そうな表情で馬をチェックし始めた。おっさんアナウンサーが相手ですみません、とは言わなかったが、気持ちはわかると思った。

球場と競馬場も歓声はなく

7月22日(木)自宅にて

福島駅前のタクシー乗り場。観客入場が可能なら行列ができるのだが…

福島市の福島県営あづま球場で行われた東京五輪ソフトボールの日本対メキシコを見た。先発した上野由岐子投手の力投。そして上野投手に続いてマウンドに上がった後藤希友投手の好救援も見事だった。

前の週の17、18日に福島競馬場で中継をしたが、最高気温36度という猛暑で、誰もが「暑い、暑い」と放送席でこぼしていた。22日の福島は気温が30度を超えたという。厳しい条件の中での日本選手の活躍。暑いとこぼしてばかりの我が身を振り返ると、見ていて頭の下がる思いだった。

新型コロナウイルス感染問題がなければ、20年に行われていた東京五輪。福島出身の古関裕而氏夫妻を主人公にしたテレビドラマに続いて野球・ソフトボールが行われ、福島は大いに盛り上がるはずだった。しかし、コロナ禍で福島市で予定されていたイベントやパブリックビューイングは中止となり、試合も無観客に。福島競馬も2月に起きた地震で競馬場のスタンドが被災し、復旧のために無観客となった。朝、競馬場に向かうタクシーの中で運転手さんに「オリンピックも競馬も無観客で残念でしたね」と言ったら、「オリンピックねぇ。復興五輪なんてどっかにいっちゃたね」と、冷めた答えが返ってきた。

(ラジオNIKKEIアナウンサー 小林雅巳)

各アナウンサーが出演、ラジオNIKKEIの競馬番組はこちらでチェック! http://www.radionikkei.jp/keibaradio2/

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン