/

カーリング女子「銀」 日本のメダル、冬季最多18個

(更新)

北京冬季五輪最終日の20日、カーリング女子決勝で日本(ロコ・ソラーレ)は英国に3-10で敗れ、銀メダルだった。「銀」は冬季五輪の同種目で日本勢の最高成績。前回2018年平昌五輪の3位決定戦では英国に勝って銅メダルを手にしていたが、今回は敗れて初の金メダルはならなかった。

スキップ藤沢五月(30)、吉田知那美(30)と妹の夕梨花(28)、鈴木夕湖(30)の4人で臨んだ日本は第1エンドに2点を先行されると、有利な後攻だった第5エンドに1点のスチールを許してリードを広げられた。2-4で迎えた第7エンドは英国に一挙4点のビッグエンドをつくられるなど、試合の主導権を終始握れず、3-10とされた第9エンド終了時に負けを認めた。

1次リーグを4位で通過した日本は、18日の準決勝で1次リーグ首位のスイスに8-6で競り勝ち、冬季五輪の同種目で日本勢最高成績となる「銀」以上を確定させていた。

北京冬季五輪の日本選手団は全競技を終え、冬季大会での最多を更新する18個のメダルを獲得した。メダルは金3個、銀6個、銅9個。20日夜には閉会式が行われ、17日間の熱戦が幕を閉じる。

北京五輪特集

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

北京五輪

2022年北京冬季オリンピック・パラリンピックの最新ニュースやビジュアルコンテンツ、日程、競技結果をこちらの日本経済新聞電子版(日経電子版)特集ページでお読みいただけます。(Google Chrome、Microsoft Edge、Safariの最新版でご利用ください)

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン