/

佐々木朗、今季実戦登板0も雌伏の1年の収穫

編集委員 篠山正幸

まれに見る逸材としてプロ入りしたロッテ・佐々木朗希の1年目は1、2軍とも登板無しに終わった。それでも、初めての契約更改交渉後に臨んだ14日の記者会見で、半年前とは違う物腰に進境をうかがわせた。飽くことなく、地道な基礎づくりに徹した日々から、来季に向けてつかんだものとは。

 契約更改交渉後の会見に臨んだロッテ・佐々木朗希。「発」の1字に新たな出発、1軍で先発、自分の力を発揮、といった来季への思いを込めたという=共同

漏らした一言に、受けてきた重圧のほどが表れていた。

「いやあ、なんですかねえ。解放された感がありますね」

オフに入ってリラックスできていること、楽しめていることはあるか、と問われての答えだ。12、1月は野球選手が球団の一員でありながらも、私人に戻れるとき。デビューはいつか、同期のヤクルト・奥川恭伸は投げたのに、佐々木朗はどうなっている……。「公人」として、無形の圧力にさらされ続けた日々の思いが垣間見えた。

実戦登板が近づいては遠のく。そんな1年になった。20歳前のまだ変化の著しい肉体面を考慮し、吉井理人投手コーチらはキャンプでのブルペン入りの時期を決めるところから、抑えに抑えたメニューを組んできた。

常時160キロの世界の壁

それでも一時停止を余儀なくされた。大谷翔平(日本ハム―エンゼルス)と同様、「常時160キロ」の世界に生きようとすればこその困難が、そこにはあった。

フリー打撃での登板を経て、実戦マウンドへの最終テストともいえるシート打撃に登板したのは5月26日だった。菅野剛士ら3人に投げて、160キロを2度計測した。

球速より「空振りを奪えたのがよかった」と手応えを口にした。しかし、その後の経過が思わしくなかった。

この9日後、井口資仁監督は「体調面でまだ戻らないところもある。疲労も抜けづらくなっている」とし、6月19日の開幕に向けた練習試合の中での登板を見送る、とした。

しばらくノースローで調整すると話した吉井コーチの口調は「体調が戻らない」ということ以上に高そうなハードルの存在をうかがわせた。

「160キロぐらい出しちゃうと、今の体ではたぶんもたないと思う。メディカルの方からの報告でも、まだ十分に中身が成長しきっていない。それで強度が強くなると、大きな故障につながる可能性があるので、そこは慎重にお願いします、と言われている」。実戦登板にはまだ長い道のりが残されていることを、示唆していた。

シーズン後の若手の鍛錬の場となるフェニックスリーグでの登板もかなわず、今季は終了した。この事実を本人はどう受け止めたのか。「登板できなかった」なのか「登板しなかった」なのか。

豪快なフォームからの速球を投げ続けるためにも、土台作りが重要になる

14日の話しっぷりからすると、後者に近いようだ。

「試合で投げてみたいとかは、もちろんあるけれど、1年目なんで、まあ基礎づくりとか。投げられたら投げられたで(いいし)、投げられなかったら投げられなかったで、それは別にいいと思う」

スロー調整について「体調的に不良だったのと、あとはフォームとか細かいところを見つめ直したりとか。すごく投手は繊細だと思うので、そういうところを自分のものにしてから、というのもあった」と話した。

成長感じさせた柔軟な受け答え

今はキャッチボールに重点をおき、気がつけば1時間半に及んでいたこともあるという。ひたすら土台固めにいそしむ。160キロの球を投げ続けながら、壊れない体を得るのに1、2年では足りないかもしれない。剛球のお披露目はしばらく待たなければいけないようだが、注目されたのは会見での柔軟な受け答えだった。

誰よりも本人が、投げたくてうずうずしていたと思われるのに「投げられなかったら、投げられなかったでいい」。記者の質問に、何度か固まっていたキャンプのころまでとは違う柔らかさだった。

1軍帯同という英才教育で得たものを問われ、野球は面白いなと思った、とも言った。質問の意図からはやや外れた「ボール球」ではあったが、味わい深い1球だった。

今季の目標は1軍で投げ、勝利することだったという。「目標には届かなかったが、思い通りになることは少ないと思う。充実した1年を過ごせたと思うので、来年、再来年に生きるようにしたい」と先を見据えた。余裕とまではいえないだろうが、焦る様子がないのが何よりだ。

「最終的にどんな選手になるか、1年目が大事になると思うので、そういうところをモチベーションにしながらやっていきたい」(キャンプインを前に)。あえて雌伏の時とした1年が、確かに大きな意味を持つかもしれない。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン