/

伊沢と田村が首位発進 ファンケルシニア第1日

ファンケルクラシック(20日・静岡県裾野CC=7040ヤード、パー72)

無観客で2年ぶりに開催されたシニアツアー第7戦。前回2019年はプレーオフの末に敗れて2位の57歳、田村尚之が67で回り、53歳の伊沢利光とともに首位に立った。

1打差で水巻善典、さらに1打差の4位に昨季の賞金王の寺西明ら5人が並んで追う。7月の第6戦でシニア初優勝を挙げた深堀圭一郎は70で13、14年連覇の羽川豊らとともに9位グループ。(賞金総額6000万円、優勝賞金1500万円、出場78選手=うちアマ6人)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン