/

松山英樹4位 全米オープン、フィッツパトリックV

男子ゴルフのメジャー、第122回全米オープン選手権は19日、米マサチューセッツ州のザ・カントリークラブ(7264ヤード、パー70)で最終ラウンドが行われ、首位と6打差の17位から出た松山英樹はボギーなしの5バーディーと伸ばし、65で通算3アンダー、277として4位で大会を終えた。

松山にとって10年連続10度目の出場となった全米での4位は、2017年の2位タイに次ぐ上位の成績。メジャー4大会では21年マスターズ優勝を含め通算9度目のトップ10入り。賞金総額1750万㌦(約23億6000万円)の今大会で賞金85万9032㌦(約1億1500万円)を獲得した。

ホールアウト後の松山は「アンダーパーでフィニッシュしておけば何か起こるかなと思っていた。きのうからパットのイメージはよくなっていたので、いいパットが決まるとこういうスコアが出るということ」と語った。

「クラブハウスリーダーで終わりたかった」と最終18番をしっかりとパーで収め、先に2アンダーでホールアウトしていたコリン・モリカワ(米国)より1つ上のスコアで終了。プレーオフの可能性がなくなるまでクラブハウスで待機した。

通算6アンダーで優勝はマシュー・フィッツパトリック(英国)。1打差の2位に世界ランク1位のスコッティ・シェフラーと全米プロ2位のウィル・ザラトリスの米国勢が並んだ。松山と1打差の5位はロリー・マキロイ(英国)とコリン・モリカワ(米国)だった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン