/

この記事は会員限定です

正代残った、かど番脱出 遠藤下し「ホッとした」

[有料会員限定]

物言いがつく際どい一番は軍配通り。薄氷の白星でかど番を脱した正代は花道で安堵のため息をつき、満面の笑みになった。「場所前から精神的に追い込まれて息苦しかった。緊張が解けたときの表情が出たのだと思う」

相手の遠藤はこの日1敗を守り、賜杯レースのトップを走る平幕大栄翔と同じ追手風部屋。援護射撃を狙う相撲巧者にのど輪で押し込まれると引き技で泳がされ、右上手を取られて横から攻められた。必死のすくい投げも不...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り332文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン