/

この記事は会員限定です

絶対的強さは「悲観」にあり 柔道・大野将平

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

金メダルに輝いた2016年リオデジャネイロ五輪から5年、大野将平(29、旭化成)は毎日「負ける姿」を想像して稽古と向き合ってきた。

ポジティブ思考こそ成功の条件とされる時代に、大野は安易にくみしない。どうすれば勝てるのか、ではなく、どうすれば負けるのか。練習パートナーに執拗に隙や苦手を突かせ、「心が折れそうで、苦しい瞬間の方が多い」稽古は爽快感とはほど遠い。しかし、大野はそれを「防衛的悲観」と呼ん...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1153文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン