/

この記事は会員限定です

日本のメダル、冬季最多18個 選手の活躍幅広く

[有料会員限定]

北京冬季五輪で日本は計18個(金3、銀6、銅9)のメダルを獲得し、冬季大会では過去最多だった前回平昌大会の13個(金4、銀5、銅4)を更新した。幅広い競技・種目で表彰台に上がり、若手も飛躍して強化の成果を示した一方で、昨夏の東京五輪の準備段階から増加傾向にあった強化費はこの先、頭打ちが見込まれる。夏季以上に難しい競技団体の財源確保と選手層の確保は引き続き課題になる。

20日に現地で記者会見した日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1059文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

北京五輪

2022年北京冬季オリンピック・パラリンピックの最新ニュースやビジュアルコンテンツ、日程、競技結果をこちらの日本経済新聞電子版(日経電子版)特集ページでお読みいただけます。(Google Chrome、Microsoft Edge、Safariの最新版でご利用ください)

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン