/

この記事は会員限定です

フェンシング、大会さながらの練習試合 演出に中継も

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの影響で先行きが不透明の中、日本フェンシング協会が知恵を絞って日本代表選手に実戦機会を与えている。強化拠点の味の素ナショナルトレーニングセンターで大会さながらの演出を加えて練習試合を実施。「サンデーカップ」と銘打って動画投稿サイト「ユーチューブ」でもライブ配信し、選手の意欲を引き出している。

照明を落とした場内に1つのピストが浮かび上がる。入場時には実況のDJが選手名をコールし、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り451文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン