/

菅原明良騎手、3年目で重賞初V さらなる飛躍期待

カラテ㊨に騎乗した菅原騎手は東京新聞杯で重賞初優勝を果たした=JRA提供

中央競馬は春のクラシックシーズン真っただ中。一年で最も華やかな季節を迎えた。阪神競馬場で行われた桜花賞は白毛のソダシがレコードで制し、中山ではエフフォーリアが皐月賞を3馬身差の圧勝。2年続けて牝牡の無敗のクラシック馬が誕生した。新たなスターホースの活躍はもちろんだが、若手騎手の台頭も魅力を加えている。今回はデビュー3年目、着実に白星を重ねてきた菅原明良騎手を取材した。

菅原騎手といえば、2月に東京競馬場で行われた東京新聞杯(GⅢ)での歓喜のゴールが印象に残る。5番人気のカラテに騎乗し、直線で馬群を割って伸び、競り合いの末に3連勝で重賞を制した。人馬両方にとって、うれしい重賞初制覇となった。

「脚質的に切れるタイプではないと思っていたので、先行して前の位置で長く脚を使っていこうと考えていました。思っていた位置も取れました。ただ、少し前が壁になり、直線の追い出しも遅くなってしまい、届くかどうか心配しましたが、良い瞬発力を発揮してくれました」とレースを振り返る。

同期の活躍も冷静に

ここまで順調に勝ち星を重ねてきた印象があるが、初重賞となるとうれしさは格別だったのでは。「もちろんうれしかったですが、とにかく安心しました。最後は前が壁になって進路を探していましたから。残り250㍍ぐらいからの追い出しだったので、届くかどうか心配していました。勝利の瞬間は、ホッとして安心したという気持ちが強かったですね」

同期(競馬学校騎手課程35期)には岩田望来騎手や斎藤新騎手、団野大成騎手と有望な若手騎手がいる。斎藤騎手、団野騎手は既に重賞を勝っていて、菅原騎手は「同期のみんなからも重賞勝ちのときは、お祝いの言葉をもらいました。他の同期の騎手についても当然、刺激になりますが、あまり意識し過ぎないようにしています。みんなの騎乗の良いところを取り入れて、勉強させてもらっています」と話す。

デビュー3年目で初めて重賞を制した菅原騎手=本人提供

騎手を目指すようになったきっかけは、実家が中山競馬場のすぐ近くにあり、毎週のように家族に競馬場へ連れていってもらったことと、叔父がかつて障害競走で活躍した三浦堅治騎手だったことが大きく影響している。幼少期から競馬に興味を持つ環境がそろっていた。

初年度31勝、2年目が30勝と順調に勝ち星を重ねてきたが、「まだまだ足りないと思っています。たくさん騎乗依頼を頂いているなかで、もっと勝てていてもおかしくなかったと思っています。うまく乗れない騎乗もあるのでもっと頑張らないといけないと思いますね」と反省の言葉が続いた。

今はレースが終わると、自分のレースの騎乗だけでなく、他の騎手のレースもビデオで見ながら研究を重ねる日々を送っている。目指している騎手を尋ねると、戸崎圭太騎手とウィリアム・ビュイック騎手の名前を挙げた。特に戸崎騎手の騎乗については、競馬がスムーズなところが参考になるという。

見えてきた減量騎手「卒業」

今春は、カラテと共に大舞台での活躍を楽しみにしていたが、春のGⅠ路線を見据えて出走を予定していたダービー卿チャレンジトロフィーは、爪の不安が出て、残念ながら出走回避に。カラテに対しては「先行力があって、操縦性の高い馬」と評していたが、菅原騎手とのコンビでの活躍は秋以降の楽しみに変わってしまった。

今年の目標を尋ねると「どんな馬でも乗せてもらえるチャンスをしっかりとモノにしていきたいです。それから、あとわずかに迫っていますが、早く減量が取れるようにしたいですね」と話す。菅原騎手は(23日現在)減量特典がなくなる通算101勝(地方交流、海外を含む)まであと21勝と迫っていて、こちらも時間の問題だろう。3年目の飛躍を目指す若手騎手の今春、そして2021年のさらなる活躍に期待したい。

(ラジオNIKKEIアナウンサー 木和田篤)

各アナウンサーが出演、ラジオNIKKEIの競馬番組はこちらでチェック! http://www.radionikkei.jp/keibaradio2/

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン