/

羽生結弦、第一線退く意向 19日夕記者会見で決意表明

フィギュアスケート男子で進退を明言していなかった羽生結弦(27)=ANA=が第一線を退く意向であることが19日、分かった。2月の北京冬季五輪で3連覇を逃して4位に終わり、去就について「少し考えたい」「(競技会かアイスショーか)フィールドを問わない」と話していたが、今後は競技会に出場しないことを決意したという。同日午後5時から「決意表明の場として」東京都内で記者会見する。

仙台市出身の羽生は2011年の東日本大震災を乗り越え、14年ソチ、18年平昌両五輪を2連覇。冬季五輪の金メダリストで初めて国民栄誉賞を受賞した。20年に四大陸選手権で初優勝し、男子で初めてジュニア、シニアで五輪、世界選手権などの主要国際大会を全て制覇する快挙を成し遂げた。北京五輪のフリーでは前人未到のクワッドアクセル(4回転半ジャンプ)に挑戦して転倒。3月の世界選手権は右足首捻挫で欠場していた。〔共同〕

スポーツトップ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン