/

笑顔の日本、好ショット次々と カーリング決勝進出

(更新)

1点リードの最終第10エンド。スキップ藤沢の最終投を残して、ハウス(円)内には相手の石が1つ。あとは円心めがけて石を置きにいくだけだ。藤沢が放った石が吸い付くように円心付近に止まると、4人の歓喜の輪ができた。

前日は4強の最後の1枠に滑り込み、悔し涙がうれし涙に変わった日本。一夜明け、選手たちは持ち前の明るさを取り戻していた。ショットを1つ放つたびに4人が大きな声を出し、氷の状態を細かく共有する。笑顔を絶やさないその姿は、準決勝の重圧とは無縁だった。

昨年の世界選手権を制した強豪スイスと連日の対戦。完敗した前日とは打って変わり、日本は無駄なミスをせず安定した試合運びを見せた。1点を追う第5エンド、藤沢が1投目で相手の石を一気に2つはじき出し、複数点のチャンスを作る。

先攻のスイスは最終投で日本の石を出すことができず、円の中には日本の石が3つ、スイスの石が2つという状況に変わった。2投目、藤沢が狙い澄まして放ったショットは再び相手の石を2つはじき出しつつ、円心付近にとどまった。守備の堅いスイスから、一挙4点。

3点を追う展開に動揺したか、スイスの名スキップ・ティリンツォーニにらしくないミスが続いた。流れをものにした日本は第6エンドも不利な先攻ながら点を取るスチールに成功した。

2点差での第9エンドは両チーム1投ずつを残し、円内にスイスの石が3つ。大量失点のピンチに陥ったが、さえる藤沢が救世主となる。最終投で相手の石を2つはじき出し、1失点に抑えた。

前日のスイス戦では要所でショットが定まらず、敗戦後は悔し涙が止まらなかった。「昨日の試合は私の中で迷いがあって、作戦やショットに影響した。チームみんなで話し合って、気持ちを持って試合に入れた」

強豪を下し、ついに未踏の領域に足を踏み入れた。「4位通過の私たちの最大のアドバンテージは、他のチームよりたくさんの劣勢を経験していること」とサード吉田知。失うものはない。初めての「金メダルマッチ」も、挑戦者として臨むだけだ。

北京五輪特集

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

北京五輪

2022年北京冬季オリンピック・パラリンピックの最新ニュースやビジュアルコンテンツ、日程、競技結果をこちらの日本経済新聞電子版(日経電子版)特集ページでお読みいただけます。(Google Chrome、Microsoft Edge、Safariの最新版でご利用ください)

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン