/

この記事は会員限定です

名古屋、堅守で競り勝つ 公式戦10戦無敗

[有料会員限定]

名古屋のボール支配率は35%だった。ほとんどの時間、ボールを支配し攻め続けて敗れた横浜M・マスカット監督が「分析するのは難しい試合」と困惑したのも無理はない。勝ったフィッカデンティ監督はどこ吹く風だ。「受けるところは受け切って、ここから先は好きにやらせない。その一線をうまく引けた」

ボランチの稲垣も「重心をうまくコントロールしながら戦えた」と明かす。相手の怒濤(どとう)の攻めは織り込み済み。12分...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り459文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン