/

「夢はワールドチャンピオン」来季F1デビューの角田

 来季の自動車F1シリーズの参戦が決まり、リモート取材に応じる角田裕毅=共同

アルファタウリ・ホンダから来季F1デビューすることが決まった角田裕毅(20)が17日、リモートでの記者会見に臨み、「夢はワールドチャンピオン。それをかなえるためのF1ドライバーになることができた」と最高峰の舞台への意気込みを語った。

角田はホンダの育成ドライバーで今季は下部カテゴリーのF2でレッドブルのジュニアチーム所属。シーズン当初からレッドブルの首脳陣から「こうすればこうなるとか、(F1昇格に向けた道筋を示した)プランを聞いていた」という。

バーレーンで行われた今季最終戦では第1レースに優勝し、第2レースは2位。今季3勝で総合3位につけてF1参戦に必要なスーパーライセンスを手にし「肩の荷が下りた」と振り返る。

2014年の小林可夢偉以来7年ぶりの日本人の参戦に「ルーキーらしく攻めの走りをしたい」とした上で、「シーズン序盤は自分の走りをして車の限界値を知ったり、どこまでタイヤが持つかを確かめたりしたい。それを後半戦に生かしたい」。

過去日本人ドライバーの最高成績は小林らの3位だが「最初はそういったことは考えず、チームに順応することを考えて走りたい」と語った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン