/

打たせようとは思わない 陰で支える打撃投手の心得

横浜DeNAベイスターズ チーム付広報 渡辺雅弘

試合前の打撃練習でボールを投げる三橋=球団提供

プロ野球は約3週間にわたるセ・パ交流戦が終わり、再びリーグ戦がスタートしました。横浜DeNAベイスターズは交流戦を9勝6敗3分けで終え、順位は2007年に並ぶ過去最高の3位となりました。惜しくも優勝は逃しましたが、投打ともにチーム状態は着実に上向いています。特に好調なのは打撃陣で、交流戦のチーム打率は12球団トップの2割9分7厘、24本塁打は同2位でした。

そんな打撃陣を陰ながら支えているのが打撃投手(バッティングピッチャー)と呼ばれるチームスタッフです。今回は「チームサポーターリーダー兼チーム付ゲームアナリスト兼バッティングピッチャー」というチーム随一の長い肩書を持つ三橋直樹に打撃投手として心掛けていることを聞きました。

三橋は投手として06年に横浜ベイスターズ(当時)に入団。独立リーグでのプレーを経て、11年にベイスターズのチームスタッフに加わりました。現在は打撃投手とゲームアナリスト(スコアラー)を兼務しています。

三橋「現役選手のように自分の仕事がチームの勝利に直結することはありませんが、陰ながらチームに貢献すべく毎日グラウンドで汗を流しています。ベイスターズの1軍には9人の打撃投手がいます。自分が投げることが多いレギュラーは佐野恵太、ネフタリ・ソト、宮崎敏郎、牧秀悟ですね。他のチームのキャンプや打撃練習を見る機会もあるのですが、交流戦の結果が表すようにベイスターズの打撃陣には迫力があります。ビッグイニングを生み出す力はセ・リーグではトップだと思います」

ゲームアナリストとしてデータの入力作業をする三橋。蓄積されたデータが試合の戦略に生かされる=球団提供
ナイターのホームゲームでは午後2時ごろから全体練習が始まりますが、その前から「早出」と呼ばれる自主練習を行う選手もいます。三橋の場合、宮崎選手の早出をサポートすることが多いといいます。

三橋「自分が打撃投手としてチームに加わった時期と、宮崎が入団して1軍に定着した時期がほぼ同じなんです。その頃からの付き合いなので早出の相手を頼みやすいんじゃないですかね。彼の持ち味は巧みなバットコントロールだと思うのですが、入団当時からその能力はとても高かった。そしてなんといっても根気強さがあります。ホームゲームでは毎日プレーボールの7~8時間前には球場にやってきて、独自の確認作業を繰り返しています。調子の良いときも悪いときもそれは変わりません。バットを振っている量はチームで1番だと思いますね」

143試合という長いシーズン、打者にはどうしても好不調の波が出てきます。毎日のようにボールを投げ込んでいる打撃投手が選手の調子の良しあしを感じることはあるのでしょうか。

三橋「状態がどうであれ、練習ではみんなしっかりとボールを打ち返すんですよね。だから投げていても状態が良いとか悪いとかを感じることはあまりありません。打撃練習の内容が必ずしも試合の結果に反映されるわけでもありませんし。1軍でレギュラーをはっている選手というのは、こちらが投げミスさえしなければ確実にボールを捉える技術を持っています。例えば、ソトは交流戦で調子を上げた選手の一人だと思いますが、打撃練習の内容自体が変わったという印象はありません。今年は入国が遅れてオープン戦を経ずに1軍に合流していたので、交流戦前まで波に乗れていなかったのは単に試合勘の問題だったのかなと」

当然のことですが1軍で活躍する選手はそれぞれが高い技術を持っています。だからこそ、打撃投手をする際には「怖さ」があると三橋は言います。

三橋「自分たちが多少のボール球を投げたとしても、彼らはそれをバットの芯で捉えることができてしまうんです。でもそれが何球も続けば、とても繊細に成り立っている打撃フォームを崩してしまうことにつながりかねません。『足を引っ張ってはいけない』という緊張感が常にあります。自分が担当した選手が試合で打ってくれるのはもちろんうれしいのですけれど、『迷惑をかけなくてよかった』とホッとする気持ちの方が大きいですね」

横浜スタジアムでお立ち台に上がる宮崎㊨とソト㊥。三橋は打撃投手として担当する選手が活躍すると「ホッとする」と話す=球団提供

「現役時代は『打たれない』のが仕事でしたが、打撃投手は『打たれる』のが仕事。でも、あえて『打たせよう』とは思わないようにしています。それぞれの打者の好きなコースはもちろん知っていますが、自分が狙うのは真ん中近辺。打者と呼吸を合わせること、そしていつも同じテンポ、同じスピード、同じフォームの緩急でいることを心掛けています。こっちが『打たせよう』としなくても、プロの打者は打ってくれます。自分が変わらないからこそ、打者にとっては意味のある練習になる。この辺は打撃投手の経験を重ねることでわかってきた部分です」

横浜スタジアムで東京五輪が開催される関係で、ベイスターズはしばらく東京ドームや神宮球場を本拠地として戦います。場所は違えど、ホームゲームの前には早出に励む選手がいて、それをサポートするために早くから球場にやってくる三橋のようなチームスタッフがいます。全てはチームの勝利のために。チームカラーである強力打線がますます勢いづくことを期待してください!

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン