/

この記事は会員限定です

ルーキーに逸材 順大・三浦は五輪代表候補

[有料会員限定]

今大会は1年生にも逸材がそろう。代表格の三浦龍司(順大)と吉居大和(中大)は今季、ロードやトラックで20歳未満(U20)の日本記録をたたき出すなど実績十分。チームを勢いづかせる走りが期待される。

順大・三浦は爆発的なラストスパートで周囲が驚く結果を残し続けてきた。10月の箱根駅伝予選会で全体5位(日本人トップ)の1時間1分41秒をマークし、東京五輪マラソン代表の大迫傑が持っていたハーフマラソンU2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り745文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン