/

この記事は会員限定です

卓球悲願の金 水谷・伊藤、ミス恐れぬ勇気で牙城崩す

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

長く全日本選手権が開催されてきた「聖地」東京体育館で日本卓球界の悲願が成就した。水谷・伊藤組が2019年世界選手権覇者の中国ペアに逆転勝ち。1988年ソウル五輪で卓球が採用されて以降、全種目を通じて初の金メダルを日本にもたらした2人は笑顔で抱き合い喜びを爆発させた。

「卓球を始めた時からの夢だった。中国にはたくさんの五輪、世界選手権で負けてきた。全てのリベンジができて本当にうれしい」。苦難の歴史を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り896文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン