/

松山英樹が逆転、米男子ゴルフ8勝目 アジア勢最多タイ

【ホノルル(米ハワイ州)=共同】男子ゴルフの松山英樹(29)が16日、米ハワイ州ホノルルで行われたソニー・オープン最終日に2位から逆転優勝した。米ツアーでは2014年の初勝利から通算8勝となり、02~11年に勝利を挙げた崔京周(韓国)のアジア人最多優勝数に並んだ。

ラッセル・ヘンリー(32)=米国=と2打差で出て、ボギーなしの63をマークして追い付いた後にプレーオフを制した。

前身のハワイアン・オープンでは、39年前に青木功が日本男子の米ツアー初勝利を挙げた。

秋開幕の米ツアーで、松山は昨年10月に千葉県で開催されたZOZOチャンピオンシップを制覇。4月のマスターズ・トーナメントで2連覇の偉業を狙う第一人者にとって、期待の膨らむシーズン2勝目となった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン