/

この記事は会員限定です

業師・宇良、パワーも示す 16年ぶり「送りつり出し」

[有料会員限定]

決まり手の「送りつり出し」は2005年九州場所で朝青龍が安馬(後の日馬富士)に決めて以来、幕内では16年ぶり。「居反り」など多彩な技で知られる宇良は「(レパートリーが)1個増えたっすね。うれしい」と笑みを浮かべるが、新たに加えた1手は業師の印象を覆すパワフルさに満ちていた。

レスラーのように上体を低くかがめて大栄翔の突っ張りに耐えつつ、下から突き上げるハズ押しで相手の体を横向きにさせた。すかさず背...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り233文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン