/

大谷翔平、満票で大リーグMVP 投打二刀流で歴史的活躍

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

米大リーグの最優秀選手(MVP)が18日午後(日本時間19日午前)に発表され、エンゼルスの大谷翔平選手(27)がア・リーグMVPに選ばれた。日本選手が大リーグでMVPを受賞するのは2001年のイチロー(当時マリナーズ)以来、2人目の快挙。1位票満票での受賞は、15年のブライス・ハーパー(当時ナショナルズ、現フィリーズ)以来となった。ベーブ・ルース以来の本格的な投打二刀流での活躍が現代野球の常識を覆し、圧倒的な支持を集めた。

大谷選手は「すごくうれしい。投票してくれた記者のみなさん、チームメート、監督、コーチ、ファン、トレーナー、僕の手術をしてくれたお医者さん、支えてくれた人に感謝したい。(MVPは)もちろん取りたいなと思っていたけど、日本で最初に(二刀流を)やるってなったときより、米国に来たときの方が受け入れられる雰囲気があった」と喜びを語った。

今季は打者で打率2割5分7厘、リーグ3位の46本塁打、100打点、26盗塁の好成績を残した。投手でも9勝2敗、防御率3.18、156奪三振。安打数、打点、得点、投球回数、奪三振の投打5部門で100以上をマークする大リーグ史上初の選手となり、スケールの大きさを示した。

MVPはレギュラーシーズンの成績を対象に、プレーオフ前に実施される全米野球記者協会会員30人の投票で決まる。大谷選手は48本で本塁打王のゲレロ(ブルージェイズ)、45本塁打のセミエン(同)の両選手とともにア・リーグMVPの最終候補3人に順当に残り、満票での選出がなるかに注目が集まっていた。

大谷選手は今季、大リーグでは7年ぶりのコミッショナー特別表彰を受けたほか、選手会の選手間投票による年間最優秀選手「プレーヤー・オブ・ザ・イヤー」に日本選手として初めて選出された。ア・リーグ最優秀野手、打撃のベストナインに相当するシルバースラッガー賞にも輝くなど、歴史を次々と塗り替えた活躍に対する表彰が相次いでいた。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン