/

この記事は会員限定です

磨いた内角攻め 専大松戸・深沢、明豊を11K完封 

[有料会員限定]

相手の明豊は春の甲子園で市和歌山の剛腕・小園や智弁学園の左腕エース西村を攻略して準優勝。好投手を次々に沈めてきた強力打線に対し、専大松戸のエース深沢は「相手が格上なので、挑戦者の気持ちで向かっていった」。

右のサイドスローながら140㌔を超える直球で強気に内角をえぐり、ブレーキの利いたカーブを外に配して幻惑した。圧巻は三回だ。自らのバント処理のミスで招いた無死一、二塁のピンチで後続を3者連続三振に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り385文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン