/

この記事は会員限定です

観戦の大きな音怖くない サッカー界、障害者へ配慮進む 

(更新) [有料会員限定]

発達障害などで大音量や強い照明が苦手な感覚過敏を抱えるファンに配慮した取り組みが、サッカー界で広がっている。音や照明を抑えて落ち着いた環境で観戦できる部屋をJ1川崎が仮設で設け、日本代表戦などでも計画が進む。誰もが安心して観戦できる環境づくりに向け、サッカー界が先陣を切っている。

「ゆっくり見られて、色々と子供が質問してきてくれた」。4月11日、国立競技場で行われた女子日本代表「なでしこジャパン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り899文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン