/

この記事は会員限定です

ラウンド前の練習 完璧な球筋求めない

細川和彦⑧

[有料会員限定]

プロのトーナメントでは、ドライビングレンジのボールも試合で使うボールに近い球を打っている。それでも練習場での打球にプロゴルファーは完璧を求めない。練習場からしっかりつかまった球を打っていたら、いざコースに出てろくなことがないとわかっているからだ。

練習場では、振り遅れで気持ち右へ行っているな、ぐらいがちょうどいい。練習場でまっすぐからやや左へとつかまった球が出ていたら、スタート時間が来てコースに...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り537文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン