/

この記事は会員限定です

松山、気迫の大逆転劇 「青木・尾崎・中嶋」の伝統継承

[有料会員限定]

前半9ホールを「29」で回った首位、R・ヘンリー(米国)に松山英樹は5打差をつけられた。サンデーバックナインに入り、松山の攻め気はティーショットから爆発した。

1打差と追い詰めて迎えた正規の18番パー5、珍しくショット後にバランスを崩す強振でこの日の全選手最長飛距離となる340ヤード超をかっ飛ばす。「米ツアーでもあそこまで振るのは、ここの18番だけ」。気迫を前面に出した2オン2パットの「お先」の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り840文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン