/

この記事は会員限定です

箱根駅伝、駒沢・青学・東海の3強軸に混戦模様

(更新) [有料会員限定]

新春恒例の第97回東京箱根間往復大学駅伝が来年1月2、3日に行われる。新型コロナウイルスの影響を受けながら開催にこぎ着けた今大会は全日本大学駅伝を制した駒大や総合2連覇を目指す青学大、2年ぶりの王座奪還を狙う東海大の3強を軸に、明大や早大も上位をうかがう。近年は高速化が進み、混戦が予想される。

コロナ禍で各大学は活動の制限を余儀なくされた。逆境のシーズンで存在感を示したのが6年ぶりに全日本を制した...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り979文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン