/

この記事は会員限定です

ボクシング・格闘技、PPV上陸 定着へ長い道のり 

地上波からネットへ㊥

(更新) [有料会員限定]

ボクシング世界王者、井上尚弥が昨年12月に行った防衛戦は、日本で2年ぶりの試合ということ以外にも話題を呼んだ理由があった。井上の世界戦では初めてテレビでなく動画配信サービスで生中継され、しかも「ペイ・パー・ビュー(PPV)」と呼ばれる課金視聴方式が採られたことだ。

「目標の数字はクリアできた」。異口同音に手応えを語るのは、配信を共同で行ったひかりTVとABEMA(アベマ)の担当者。井上戦の視聴料...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1018文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン