/

この記事は会員限定です

ラグビー協会、国内選手の身体能力をデータ化

[有料会員限定]

日本ラグビー協会は民間企業と提携し、国内の有力選手の身体能力を網羅するデータベースを構築する。日本代表選手らの力を分析して強化に役立てるほか、国内の各チームにも情報の登録を呼びかける。選手の身体能力の包括的なデータベースは国内の競技団体で初めてとみられる。

体調管理システムを提供するユーフォリア(東京・千代田)がデータベースを開発。まずは15人制男子の日本代表や20歳以下代表の情報を登録する。社会...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り424文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン