/

この記事は会員限定です

高木美帆、「金」で締めへ 最後の5種目目1000メートル

[有料会員限定]

北京冬季五輪で既に3つの銀メダルを手にしたスピードスケートの高木美帆(日体大職)は、通算6個で日本の女子アスリートの最多記録を更新した。中学3年で初めてその舞台を踏んでから12年。期待にたがわぬ主役の濃密な戦いは、17日の女子1000メートルで今大会の最終章を迎える。

「ちょっと存在が遠すぎる」と謙遜する、米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平やフィギュアスケートの羽生結弦らと同じ1994年生まれ。卓...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1050文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

北京五輪

2022年北京冬季オリンピック・パラリンピックの最新ニュースやビジュアルコンテンツ、日程、競技結果をこちらの日本経済新聞電子版(日経電子版)特集ページでお読みいただけます。(Google Chrome、Microsoft Edge、Safariの最新版でご利用ください)

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン