/

パナソニック、多彩なキックで快勝 ラグビーTL準決勝

前半、先制トライを決めるパナソニック・福岡=共同

パナソニックは前半半ばで10点差をつけられた。波乱の予感が漂う中、フッカー堀江が異例の早さで投入される。戦術眼にたけたベテランは「いつも通りのことをやれば点差は縮まる」。何かを大きく変えるより強みを貫こうとしたと振り返る。

その一つが多彩なキックとその後のチェイスである。後半23分、WTB野口が裏に小さく転がした。この日初めての種類のキックに、捕球した相手は判断を誤る。野口がタックルで仕留め、フランカー福井が球に絡む。ボール奪取に成功すると、直後にFB山沢が小さい浮き球を上げる。SH小山がまたもジャッカルを決めた。

キックからの連続ジャッカルはインパクト十分だった。後方への警戒から出足の鈍ったトヨタ自動車の守備をWTB福岡らが切り裂き、3トライを連取。最後は27点差をつけた。

トヨタ自動車に勝利し、笑顔の福岡(中央)らパナソニックの選手=共同

「キックのバリエーションが多く、相手にプレッシャーを掛けられた」と山沢。長いボールか高く上げるかの2択だったトヨタを尻目に多彩な足技を活用。蹴り合いの優勢は試合の肝となった。

チームの武器、スマートな判断はキックの後の反応にも表れていた。福井と小山はオフサイドの位置にいながら主審の反応を見て前進、接点へ最短距離で向かい、ジャッカルに成功。「自分たちの強みを出して試合を決められた」。福岡のクールな言葉がこれほどふさわしい試合もそうはない。

(谷口誠)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン