/

この記事は会員限定です

ラグビー・リーグワン、事業開花へ課題と収穫の1年

[有料会員限定]

ラグビーの新リーグ、NTTリーグワンが1年目を終えた。海外大物選手も続々加入し、前身のトップリーグ(TL)から試合のレベルは着実に上がった。ただ、もう1つの目標だったラグビーの事業化では課題と収穫が入り交じる。

1部リーグの平均観客数はプレーオフを含めて4783人。同じ新型コロナウイルス禍で行われた昨年のTLの3425人からは増えた。試合が行われた1~5月は感染拡大で他の競技も例年より4割ほど観...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1258文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン