/

23年ラグビーW杯 日本はイングランドと同組

ラグビーの2023年ワールドカップ(W杯)フランス大会の1次リーグ組み合わせ抽選会が14日、パリで行われ、昨年の日本大会で初の8強入りを果たした現在世界ランキング10位の日本はD組に入り、日本大会準優勝で同2位のイングランド、同8位のアルゼンチン、同13位のトンガと同15位のサモアによるオセアニア地区予選の勝者、米州地区予選2位との対戦が決まった。

ラグビーW杯フランス大会の1次リーグ組み合わせ抽選会で、日本がD組に入ったことを示すスクリーン(14日、パリ)=ゲッティ共同

抽選は出場20チームを4組に区分。うち日本大会1次リーグ各組3位以内となり、既に出場権を得ている12チームは、今年1月1日時点の世界ランキング順に上位から3つのバンド(帯)に分けられ、当時8位だった日本は世界5~8位の第2バンドに振り分けられた。今後決まる各地区予選の勝者など残り8チームは第4、5バンドに分けられ、各バンドから1チームずつ計5チームを選んで1次リーグ4組の構成を決めた。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、各チームの関係者はオンラインで参加した。

23年大会は9月8日に開幕。9会場で48試合が行われ、10月21日に決勝がある。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン