/

ワリエワのコーチやドクターを調査へ WADA

【北京=共同】北京冬季五輪のフィギュアスケートに出場しているロシア・オリンピック委員会(ROC)の女子選手、カミラ・ワリエワ(15)のドーピング違反問題で、世界反ドーピング機関(WADA)がエテリ・トゥトベリゼ・コーチやチームドクターを調査することが13日、分かった。ロイター通信が報じた。スポーツ仲裁裁判所(CAS)は14日、同選手の個人種目への出場可否に関する裁定を日本時間の同日午後3時ごろに公式サイトで発表すると明らかにした。

WADAは16歳未満の選手を、柔軟な対応を取るべき「要保護者」と位置付け、違反の場合は支援スタッフを調査すると規定している。資格停止処分を解除したロシア反ドーピング機関(RUSADA)も同様に調査を始めた。ROCの女子代表3選手は、いずれもトゥトベリゼ氏に師事している。

国際オリンピック委員会(IOC)のアダムス広報部長は13日の定例会見で、裁定は15日に実施される女子ショートプログラムへの出場可否の判断に限ったもので、ワリエワが出場した団体の最終順位については別の手続きになると説明した。

ワリエワは7日までの団体でROCの金メダル獲得に貢献。その後に検査結果が報告され、8日のメダル授与式が急きょ中止となった。

ROCが失格になった場合、3位だった日本の順位が繰り上がる可能性もあるが、アダムス氏は「資格停止や出場可否以外のことは経過を見守らないといけない」と強調した。選手へのメンタルサポートは「一義的には(各国)チームの責務だ」と述べた。

北京五輪特集

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

北京五輪

2022年北京冬季オリンピック・パラリンピックの最新ニュースやビジュアルコンテンツ、日程、競技結果をこちらの日本経済新聞電子版(日経電子版)特集ページでお読みいただけます。(Google Chrome、Microsoft Edge、Safariの最新版でご利用ください)

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン