/

この記事は会員限定です

天満屋流で目指せ「サブ3」 プロが市民ランナー指導

[有料会員限定]

市民ランナーにとって一つの勲章といえる「サブ3」(3時間切り)。その壁に挑むランナーを後押しするプロジェクトが岡山県内で進んでいる。企画したのは東京五輪女子マラソン代表の前田穂南が所属する名門・天満屋。5月までの半年間、実業団のメソッドを3人の地元ランナーに伝えている。

3月上旬、県内のトラックで6回目の練習会が行われていた。メニューは1㌔4分20秒から3分50秒までペースアップを2回繰り返す1万...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1679文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン