/

この記事は会員限定です

勝負の年に挑む新世代の指導者 ロッテ・井口監督

[有料会員限定]

メジャーを経験した日本人で初めて、プロ野球の監督となったロッテ・井口資仁監督(46)が、4年目を迎えた。5、4、2位と順位を上げて臨む今季、日米の長所を知る新世代の指導者として勝負の年になる。

ソフトバンクと戦った昨年のクライマックスシリーズ。3年目の安田尚憲が1、2戦とも先制打を放った。時期尚早とは思いつつ、シーズン中4番に抜てきした大砲候補が、最後に成長した姿をみせた。2年目の藤原恭大も2戦目...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り774文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン