/

この記事は会員限定です

阿部一二三、足技に新境地 世界の包囲網打破へ

[有料会員限定]

丸山城志郎(ミキハウス)との死闘を制し、昨年12月に東京五輪柔道男子66キロ級代表を勝ち取った阿部一二三(パーク24)が新境地を切り開いている。代名詞の担ぎ技だけに頼らず、足技でも主導権を握れる柔道を展開。世界の徹底マークをかいくぐるため柔道の幅を広げている。

4月1日のグランドスラム(GS)アンタルヤ大会決勝。厳しい組み手で抵抗するアルベルト・ガイテロマルティン(スペイン)を延長戦の技ありで仕留...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1509文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン