/

この記事は会員限定です

スポーツにも配信の波 問われる収益と普及のバランス

地上波からネットへ㊤

(更新) [有料会員限定]

テレビ地上波が主舞台だったスポーツ中継が転換期を迎えている。資本力に勝る動画配信サービスが人気イベントの放映権を次々獲得し、スポーツを有料で視聴するのが当たり前になりつつある。潤沢なマネーはチームや選手を潤す一方、無料の地上波よりも視聴者数が減り、将来の普及や市場成長を妨げる恐れもある。配信会社、主催者、競技団体それぞれの思惑、戦略とは。

ABEMAが救ったW杯本大会中継

史上初めて全64試合を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1614文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン