/

この記事は会員限定です

なでしこジャパン、東京五輪「メダル」は見えたか

サッカージャーナリスト 大住良之

[有料会員限定]

高倉麻子監督が率いる日本女子代表(なでしこジャパン)は、4月8日に仙台で、そして11日に東京で親善試合を戦った。相手はパラグアイとパナマ。結果は2試合ともなでしこジャパンが圧倒的に攻め続け、7-0。シュート数も2試合とも26本(相手は2本ずつ)だった。

新しいスタイルが見えたパラグアイ戦

この2試合は、昨年3月にアメリカ遠征(シービリーブスカップ)で行った3試合以来、なでしこジャパンにとっての初め...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2068文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン