/

この記事は会員限定です

萱が個人総合初V、内村は鉄棒制す 全日本体操

[有料会員限定]

体操の個人総合と種目別で争う全日本選手権最終日は13日、群馬県の高崎アリーナで男子決勝を行い、個人総合は予選1位の萱和磨(セントラルスポーツ)が2日間合計173.764点で初優勝を果たした。

萱は予選に続き、この日も6種目合計で86点台をマーク。一定以上のDスコア(演技価値点)に与えられる0.5点のルール加点も合わせて逃げ切った...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り162文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン