/

アルペン男子回転で森井は5位 日本勢のメダルは7個

(更新)

【北京=摂待卓】北京冬季パラリンピック最終日の13日、ノルディックスキー距離のオープン10キロリレーで、男子20キロクラシカル立位を制した川除大輝(日立ソリューションズJSC)と7大会連続出場の新田佳浩(日立ソリューションズ)で挑んだ日本は7位だった。

混合10キロリレーの日本は岩本啓吾(土屋ホーム)、出来島桃子(新発田市役所)、森宏明(朝日新聞社)、阿部友里香(日立ソリューションズ)で臨み、7位だった。

アルペンスキー男子回転座位で、今大会銅メダル2個の森井大輝(トヨタ自動車)は5位。2大会ぶりの頂点を目指した鈴木猛史(KYB)は2回目で途中棄権した。立位は高橋幸平(日体大)の12位が日本勢最高だった。

全競技が終わり、日本勢は冬季大会では2番目に多い金4個のほか銀1個、銅2個の計7個のメダルを獲得した。

北京2022特集

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

北京2022

2022年北京冬季オリンピック・パラリンピックの最新ニュースやビジュアルコンテンツ、日程、競技結果をこちらの日本経済新聞電子版(日経電子版)特集ページでお読みいただけます。(Google Chrome、Microsoft Edge、Safariの最新版でご利用ください)

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン