/

この記事は会員限定です

駒大連覇か青学王座奪還か 「高速」箱根駅伝、2強が軸

[有料会員限定]
新春を彩る第98回東京箱根間往復大学駅伝が来年1月2、3日、21チームが参加して行われる。優勝争いは、有力ランナーを擁して総合2連覇を目指す駒大と選手層の厚さで王座奪還を狙う青学大が軸。2強に挑む東京国際大も10月の出雲駅伝を制して力をつけている。各校の逸材もレースを盛り上げそうだ。
(渡辺岳史、鱸正人)

駒大、復路逆転も想定で攻める

群雄割拠の大学駅伝界で、駒大は速さと強さを兼ね備え

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3047文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン