/

この記事は会員限定です

西武・山川穂高、本塁打で独走 「投高打低」で輝く大砲

[有料会員限定]

西武・山川穂高が快調に本塁打を量産している。27本は2位の楽天・浅村栄斗に12本差をつけ、リーグトップを独走中だ。今季の西武は防御率が12球団トップの「守」のチーム。ロースコアでの競り合いが多いチームだからこそ、大砲・山川の一発が勝利への大きな推進力となる。(記録は7月18日現在)

6月26日の楽天戦、両チーム無得点の四回にまわってきた第2打席。相手の先発・早川隆久の甘く入った変化球を捉えると、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1595文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン