/

この記事は会員限定です

五輪選考、時間との戦い 予選の中止・延期相次ぐ

[有料会員限定]

東京五輪・パラリンピックの出場枠を争う予選や大会の延期、中止が相次いでいる。新型コロナウイルスの影響が長引いているためで、既に予選開催を諦め、過去の成績に基づいて出場者を決める代替策を取る競技も出始めた。国際オリンピック委員会(IOC)が定める予選の終了期限は6月29日で、時間との戦いの様相も呈している。

1月末時点のIOC発表によると、約1万1000人の五輪出場枠のうち確定済みは61%。残り39...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1854文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン