/

この記事は会員限定です

ヤクルト、日本シリーズへあと1勝 高橋が幻惑の投球

[有料会員限定]

「大事な場面で使ってもらった。良い状態で抑えたい」。ヤクルトの6年目左腕・高橋には気合がみなぎっていた。尻上がりの投球で6回2安打無失点。前夜プロ初完封を飾った奥川に続き、次代のエースの座を狙う24歳が大きな1勝をもたらした。

大一番の重圧は相当なものだったのだろう。高津監督が「どうなることかと思った」と吐露するほど、立ち上がりは力んでいた。変化球が決まらず、ボールが先行。初回は安打と2四球で2死...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り450文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン